日高隆行のネバギブ釣行記

九州各地をランガンしどんな状況でも諦めずターゲットを捕獲していく釣りブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

上流と下流。

いまさらながら東北地震凄かったですね・・・
亡くなった方のご冥福を祈ります。
無事な方たちは負けずに頑張ってもらいたいです。少なからず募金させていただきました。



さて最近またバス釣りに行ってます、「もーーいいだろう、もーーーいいだろう」
と思いつつ下流域から攻めるも釣れるのは「リアクションでしか口を使わない」
「今の時期に似合わないコンディション最悪なバス」↓
下流域バス
写っているゴミだまりの下からサスペンドミノーのパニックアクションに
リアクションしてきた23センチ君、お呼びじゃない!!
約1週間前にはネスト周りに居た雄バスを4本確認しているのでそろそろかと
思ったんですがやはり間の天気でまだ入りたがらないのかな・・・
下流は捨てて上流域に行くと↓
上流域バス
明らかに「餌を食いに来た奴」サイズは33センチ君でしたがコンディションが全然違いました。
このサイズを上流だけで5本、下流では2本でした。
上流と下流でこれほどまでに違うんですね、バスフィッシングは魚を探す勉強になります。
これをエギングでのランガンスタイルに応用していきたいと思いますね、
海の状況から天気、ベイト、風、色んな要素を搾り出し頭の中で「練って練って練って」
価値ある1杯、1匹を捕りに行きたいと思います。
  1. 2011/03/16(水) 15:17:26|
  2. ブラックバス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。